自転車保険って必要なの?

自転車は便利な乗り物で、免許も必要としませんが、道路交通法では軽車両の扱いです。

 

つまり、自動車並みに安全注意義務が求められるのです。

 

最近の傾向として自転車による事故が増えており、対人の死亡事故のケースでは1億円近い賠償額が判例でも出ています。
そんな高額な賠償額に備えて加入しておきたいのが自転車保険です。

 

この保険は自転車による事故で、相手にケガを負わせたり、モノを壊したり、あるいは自身がケガを負った際にも保険金が給付されます。
特に相手が死亡した場合は最高1億円まで補償する保険もあります。
気になる掛け金は月々数百円程度です。

 

年間でも数千円の負担で万一の自転車事故に備えることができます。
加入の窓口も携帯電話会社やコンビニから入ることができ、手続きも簡単です。

 

また、自動車保険やバイク保険に加入している方であれば、日常生活賠償特約などで確認してみても良いでしょう。
自転車の走行に関しての法律も改正され、危険な乗り方に関しては刑事罰も科せられるなど厳しくなっています。
便利な反面、スピードも出るのが自転車です。
事故を起こしてからでは遅く、自分自身や相手の補償を含めてもしもの時に備えて加入しておきたい保険です。