1人事故でケガをした場合

最近では自転車での交通事故が増えており、保険に加入する方も多くなっています。

 

その多くは加害者となってしまった場合に備えてのものとなっていますが、保険の種類やプランによっては自分自身のケガも補償してもらえるものも多くなっています。

 

また傷害保険の役割を持つものもあるので、ケガの補償や相手への補償内容などをしっかりとチェックして選んでいくべきと思います。

 

さらに自動車では当たり前のことではありますが、単独事故のケースでの補償も確認が大切です。

 

1人事故でケガをした場合でも補償の範囲になることが多くあるため、このような際には保険を活用することをオススメします。

 

自動車保険と同じような補償となっていることが多くありますが、付帯サービスには大きな違いもあります。
自動車保険にはロードサービスが付いているものが一般的になってきていますが、このようなサービスは自動車とバイクのみです。
パンクやチェーンの異常でサービスを利用することはできません。

 

高価な保険であればオプションで付けられるものもあるかもしれませんが、原則としてありません。
事故の際の保証のみとなっている保険が多いので、その範囲内での確認をしていくことが大切です。

コメントは受け付けていません。