自転車事故が補償される保険の種類

気軽に免許もいらずに、また車に比べて維持費の安さや移動の利便性から、幼児からお年寄りまで年齢に関係なく乗れることで、もはや自転車が当たり前のように日常的に乗られています。近年、交通事故は減少方向に傾きましたが、自転車の事故は増えているのが現状です。

 

最近は自転車運転者が増えているからか、自転車事故による賠償のニュースを良く目にする機会があります。自転車にも保険を掛けるという事が当たり前となってきていますが、一体どのような自転車向け保険を選べが良いか悩むところだと思います。また、ニュースの中の他人事ではなく、自分にもふりかかる危険だという事も認識しておかなければなりません。

 

保険の種類は自転車のみの適応から、レジャー保険という外出先、自宅でのけがや熱中症、ゴルフ中のけがなどをカバーしながら自転車事故の補償サービスがセットされているものが多数存在します。他人にけがを負わせた場合は勿論の事、自身のけがに関わる損失を補償する傷害保険が組み込まれているのです。

 

自転車事故は自分が加害者になる場合があるのです。その場合、支払い能力のない未成年者の場合でも容赦なく高額賠償を命じられる判決が出ていますので、お子様のスポーツ中のけが対応のレジャー保険に加えてみるのがいいかもしれません。

コメントは受け付けていません。