加害者になってしまったら

自転車の人身事故では二つの側面があります。

 

一つは相手にケガをさせてしまう加害者の立場、もう一つは自身がケガなどを負う単独事故と被害者の立場です。

 

自動車保険には任意の保険に未加入でも、自賠責保険には加入しているため、最低限度の補償を受けることができ、相手にも補償することができます。
特に加害者になった場合、賠償金額も高額なものになり、そこで考えておきたいのが自転車保険です。

 

事故が増える中で、自転車保険の注目度も高まり、損害保険各社でも専用の保険を出しています。

 

掛け金も手頃なので加入しやすいのですが、もう一つみておきたいのが他の損害保険の補償内容です。

 

自動車保険や火災保険には個人賠償特約が付けられていることもあり、加害・被害者の両方の立場で使えます。
同じ補償内容であれば、重複を避けることも保険料のムダを省くことになります。

 

先ずは自動車保険や火災保険をチェックしてみることで、損害保険では特に補償内容が似ているもの、重ねるものがあるためチェックすることをおすすめします。

 

月々の保険料はわずかで済み、その上、1億円にものぼる高額賠償に応えるものがあります。
過失割合にもよりますが、加害者になれば慰謝料や相手への治療・入院費用、休業補償などで賠償額が膨らむことがあります。

コメントは受け付けていません。