盗難被害にあった場合には

mobile04_l.近年、様々な被害がある中で悪質なのが自動車の盗難です。

 

駐車場に止めてある誰もいたい車内に忍び込んで盗むという、本当に酷い事件が多々あります。

 

自動車の事件は年々少数になっていますが、平成22年度では2万件以上も発生しています。

 

被害総額が200万円いないのものは少なくなっているのに対し、200万円以上のものは年々増えていっています。

 

車が盗まれた場合には、車両保険をつけると補償されます。

 

車両保険には、一般車両保険と限定車両保険の2種類がありますがどちらの場合でも補償されます。

 

多くの人は、自動車保険に車両保険をつけると保険料が高くなるので、本当に必要かと迷う方もたくさんいます。

 

しかし、保険料は車種や等級によって大きく変わってきます。高級車であればあるほど、保険料が高くなります。

 

また、等級は事故を起こさないと上がりますので、その分保険料が安くなります。

 

車両保険は、事故などで被害を受けた、自分自身の自動車を守る保険です。

 

毎日生活している中で車に乗る機会やどれくらい走るかは人それぞれです。

 

事故にあう確率や車の修理費用などを考慮して、車両保険が必要かどうかを家族としっかりと検討し、必要ならば早くに保険に加入するとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。